毎日が素晴らしい日 - 健康管理と日常の記録

「毎日が素晴らしい日」と決めたら、自分にとって大切なことが、どんどんと見えてきたよ  -- そよ風 --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「秋風だけをみてた」

小学校、中学校、高校と、長い期間を不登校、引き篭もりとして
過ごした秋さんのブログです。
http://akikazedakewomiteta.seesaa.net/article/434677661.html

彼のお父さんの強い支援で、18歳で農業に触れ、
その後農家で働いているそうです。

東日本大震災のときに、2年間のボランティアをされたり
青年海外協力隊として、野菜栽培という職種で西アフリカの
セネガル共和国に2年間派遣されたという
とても興味深い経験をお持ちの秋さんです。

「秋風だけをみてた」のブログを通して
実際に遊びに来てくれた方もいらっしゃるとか。。。

私も、日本に住んでいたら
きっと彼に会いに行っていたと思います。

群馬県で農業をしながら
引きこもり支援を夢見る、24歳の秋さん。

益々のご活躍をお祈りいたします。

スポンサーサイト

バースデー健身

名古屋市で生まれ、韓国に留学したり、外資系航空会社で
働いていた岡田有理さん。

彼女は、29歳のときに同級生を子宮頸がんでなくし、
その半年後に、母親を乳がんでなくされたそうです。

その後は、友人と母親の遺言どうりに毎年検診を受けてきて
2009年に初期の乳がんが見つかり手術を受けました。

今では、「バースデー健身」というNPO法人を設立し
東海三県を中心に活躍されているそうです。

登録すると、それぞれの誕生月に検診時期を知らせてくれるそう。

バースデー健身

これからの、益々のご活躍をお祈りいたします。

筆談ホステス

筆談ホステスで有名になった斉藤里恵さん。

彼女のことを最初に知ったのは
4~5年前に帰省したときに読んだ彼女の本。

その後、シングルマザーとなり
今では、政治家として多くの人々の支えとなり、
助けになっておられると知りました。

今まで、とても困難な状況をたくさん
乗り越えてきた斉藤里恵さん。

遠いアンダルシア州から
これからも応援しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。