毎日が素晴らしい日 - 健康管理と日常の記録

「毎日が素晴らしい日」と決めたら、自分にとって大切なことが、どんどんと見えてきたよ  -- そよ風 --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵な居場所

運動はあまり好きではない、
人々との交流は苦手。。。
親しい友人が少ない。。。
年金生活で時間をもてあましている。。。など

いくつかの理由から自宅で過ごすことの多い
シニア世代たちに紹介できる素敵な居場所はないものかと思いながら
先週は、この地域の「編み物クラブ」を訪問しました。

ここは、一週間に一度、午前中11時半から午後3時の間なら
好きな時間に来ておしゃべりをしながら編み物をし
いつでも帰っていいですよ、という気楽な場所。

アフリカ・モロッコの孤児院などチャリティー団体に、編み終わった作品を
寄付するつもりなら、毛糸や編み棒、パターン図などを提供してくれます。

自分や家族の為に編みたいなら、毛糸さえ購入すれば
このクラブ内で、みんなとおしゃべりしながら作業しても構いませんとのこと。

早速、私の知り合いたち数人に、この素敵な場所のことを伝えました。

ただ、「そよ風さんも、ここで一緒に何か編みましょうよ。」と誘われ
忙しくしていて、ここ15年ほど遠ざかっていましたが
本当は、編み物が大好きな私は、皆さんと一緒に
アフリカで育っている赤ちゃんへ送る為の「おくるみ」を編み始めました。

毎週、通えるかどうかわかりませんが、
今は、自宅へ毛糸とパターン図を持ってきて
動き疲れてしまったときに、ソファーに座って
少しづつ編み進めています。

かわいらしく仕上がりますように。。。



スポンサーサイト

Self confidence

あと数日で、夏の間ずっと休んでいた
運動指導が始まります。

特に、第一日目は緊張しますが
こんなことを自分自身に言い聞かせながら、準備を進めています。



「 大丈夫、できるよ。

こんなに練習したんだもの。

自信を持って、いつものように。。。 」

「会話が上手な人たち」

昨日の夕方は、あるNPO法人団体の総会に招かれて
出席してきました。

自治体関係者や、別の法人からの代表者、会計士、
医者、会社の経営者たちなども参加していて
総会の後には、何人かの人々と話す機会がありました。

ただ、こういった集まりの場所での会話や、スピーチなどを聞いていて
いつも感じるのは、何らかの重要な役職についている人たちは

「会話がとても上手」。

数日前には、ある政策や個人に賛同する意見を
立派に述べていたかと思えば、、自分よりも権限を持っている人からの
反対意見がくれば、手のひらを返したかのように
権力のあまりない人たちに、責任を押し付けて
自分はうまく逃げ切ることができる。

こういった社会では、本当に誠実に動いている人たちを
見つけるのは、とても難しい。

なんだか、悲しい一場面をまた目にしてしまった日でしたが
私自身、周りの流れに惑わされてしまわないように
誠実さを見失わないように、人々と接していきたいと
新たに感じた時間となりました。

「人の振り見て、我が振り直せ」という、ことわざのように。。。

家事を効率よく

家事を効率よく行なおうと、50歳になった今でも
試行錯誤していますが、最近は「目に付いた時点で、後回しにするのではなく
その場でササッと掃除をする」という方法を取っていて
ナカナカうまくいっています♪

例えば、主人と私が自宅で使っているデスクトップ・コンピューター。
以前から空気穴に埃が溜まってきていたので気になっていましたが
後回しにしてきました。

そこで、今朝はパソコンを使い終わると同時に
ハンディークリーナーを使って掃除しました。

そしてキー・ボードのキーとキーの隙間。
思いがけないほど、とてもたくさんの埃が出てきました。

すっきりしたので、主人のパソコンの埃も吸い取ってあげました。

そして、リビングにおいてある観葉植物の「シダ」。
大株になっていたものを、半年以上放ってあったので
株分けして、元気そうなものを一つだけ植えなおしました。

パソコンも、植物もすっきりし
私の思いも、すっきりしたので、今日、明日の仕事にも
集中できそうです♪


腰骨の歪み

まだ日本に住んでいた7年ほど前、

横から車が出てきて、自転車に乗った私に接触し

私は、自転車ごと左側に押し倒されました。



その後、4ヶ月ほどを松葉杖で過ごし

リハビリのために6ヶ月ほど病院へ通いました。



7年経った今でも、左側の膝と肘には

傷跡がくっきりと残っていて、左の膝を床に付けると

違和感があるのは今でも変わっていません。



また、歩いていると左太ももの関節が、しっかりと機能していないときがあると

一年ほど前から感じるようになりました。



そのことを、ピラティス・インストラクターと以前、話していて

私がバランスを取る姿勢を保つときの腰骨の位置を見てもらいました。



自分では気がつかなかったのですが、無意識のうちに

今でも左足を庇うように、立ったり動いたりしていたようです。



右側にほとんどの体重をかけるのではなく

右側の腰骨を横に出さないように注意しながら

少し上に上げて、左右の腰骨が床と平行になっている

状態をいつも保つことを意識するようにと、指導を受けました。



その日から機会あるごとに少しづつ練習を重ねています。

違和感が痛みに代わる前に、気付かせてくれた、ピラティス・インストラクターに

とても感謝しています。



喉の痛み予防

40代最後の今春、ひどい咳と喉の痛みが
長引いたことを覚えています。

薬を飲まなくても、以前はハーブティーを飲んだり、
早めに就寝したりすることで、すぐに治っていたのですが
今年5月、6月頃の風邪は、20年ぶりぐらいで
薬を服用しなければなりませんでした。

ここ数日は、アンダルシア州も気温の変化が大きくて
先日、薄着で出かけて外を歩いていたとき
ピューっと風が吹いてきたら、喉の違和感を少し感じ始めたので
ここ数日は、薄手のスカーフを首に巻いて
出かけるようにしています。

朝目覚めてからも、気温が低い日は
室内でもショールをかけたり、巻いたりして
首周りや肩などが冷えないように気をつけています。

周りの素敵なシニアたちの経験談を参考にしながら
私の身体に合った予防対策を見つけ出し実践しようとしています。

季節の代わりめにも体調を崩さないように過ごしたいものです。


小さなことから

今年に入ってから半年間、リズム体操に
通ってきていた60代のMさん。

10月からも、同じクラスに通いたいということで
いろいろと話をしていたらMさんは、この地域で3軒の
雑貨屋さんを持つオーナーであることを知りました。

この雑貨屋さんは、他のお店に比べて値段が少しだけお値打ちで
品揃えも豊富であることから、いつも多くのお客さんがあり
とても繁盛しています。

今では、息子さん夫婦に経営を任せているので
年金生活を楽しんでいらっしゃいます。

このお店を始めたきっかけは、手元にあった
一枚の素敵な布と、かわいらしい熊のぬいぐるみを売ったことだそうです。
そこから得た収入を元に、今度は熊のぬいぐるみを2つ取り寄せ
売れたら、その収入を元に4つ取り寄せてといった具合に
少しづつ商品の種類を増やし、店も拡大していくことによって
どんどんと大きな収入につながって行ったそうです。

小さなことから始めて、一歩一歩確実に前に進んでいく。。。

Mさんと話していて、元気をいただいた日でした。


やっと少し片付いた。。。

2ヶ月間留守にしていた間に、
処理しなければならない書類関係の雑用がいくつも溜まっていました。

期限が決まっているものから始めて、3分の1ほど片付きましたが
金融機関関連のものに時間がかかっています。

私たちの地域の銀行や郵便局、投資銀行などのような場所では
一定額以上のお金の入金や振込みなどには
いくつもの書類がないと受け入れてもらえません。

日本円にすると、決して大きな金額ではないのですが
違法なお金が南ヨーロッパ内に出回っているからでしょうか、
手続きがとても面倒です。

このためだけに、2週間ほど様々な場所へ出向いていって
書類を集め、3度ほど出直しも求められ
昨日やっと許可が出ました。

わぁー、やっと終わった。。。

本当は、ワインボトルでも開けて、美味しい食事とともに
ゆっくりとリラックスしたいところですが、今月末までに終わらせなければならない
仕事がまだたくさんあるので、後数週間、待つことにします。。。

がんばれ、私。。。


お腹の不調予防

きっと加齢に関係しているのだと思いますが
私は冷たい飲み物を飲むと、お腹の具合が悪くなることが
多いことに、しばらく前から気付いています。

ただ、どういうわけか
白ワインの冷やしたものは、大丈夫。

以前は、赤ワイン、ビール、大好きなシェリー、
ポート、アマレッテなどを食事中か食後にいただくことが
多かったのですが、年齢とともに
酔いがまわることが早くなったので
今は、食事中に冷たくした白ワインを
時々いただく程度になりました。

そんな理由で、いつもなら
打ち合わせなどの際の飲み物は
常温の水か、温かいハーブティーを
お願いするのですが、今朝は皆さんが飲んでいた
パイナップルジュースが、あまりにもおいしそうだったので
私もそのジュースをお願いしたら、とても冷えていて
お昼近くには、お腹の具合が悪くなりました。

やはり私は、冷たい飲み物を控えたほうが良さそうです。

新しい年

ヨーロッパでは、学校の新学期は9月から始まります。
この機会に合わせて、高齢者運動支援団体も毎年恒例となっている
集会をこの時期に行ないます。

昨日はその集会の一日目。
参加者は、全部で180名ほどでした。

希望していた運動クラスに入れた人たちもいれば
待ちリストに載せられた人たちもみえますが
大きな問題もなく、スムーズに進んでいったと思います。

ただ今年6月末まで活動してくれていたインストラクター二人が
様々な理由で抜けたので、スケジュールが少し変わったり
私が受け持っている運動クラスにも、内容の変化が期待されそうです。

参加者たちとの集会は、明日で終わり。
その後は、今月中に支援団体と私たちインストラクターたちの間で
コミュニケーションをとりながら、最終的に細かいことを
決めていく予定です。

今年も多くの高齢者たちが意欲的に運動に参加し
健康を維持しながら活動的に過ごされることを願います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。