毎日が素晴らしい日 - 健康管理と日常の記録

「毎日が素晴らしい日」と決めたら、自分にとって大切なことが、どんどんと見えてきたよ  -- そよ風 --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬に頼るよりも

マンチェスターのSさん宅で、お世話になっていたときに

私が10歳のときからの偏頭痛持ちで、いつも痛み止めなどを

飲んでいたけれど、20代前半の頃に一切の薬をやめて

生活習慣を改善したり、軽い運動を始めてから

体の調子がとても良くなったことを知っているSさんから

私から彼女のご主人Rさんに、話してくれないかと頼まれました。


Sさん56歳は、歯医者さん。

ご主人のRさんは、学校の教師をしていましたが

50歳になったのをきっかけに教師を辞めて

庭師として働いています。


Rさんも、長年の偏頭痛持ちでいつも薬に頼っているそうです。



奥さんのSさんは、数日前にBBC I-playerの

The Doctor who gave up Drugs
                (薬をあきらめた医師)

というドキュメンタリーを観て、ご主人のRさんにも

薬をやめて欲しいと切実に思い始めたそうです。


このドキュメンタリーの興味深い医師は、Chris Van Tulleken

Dr Chris van Tulleken


彼は、ほとんどの薬には副作用があり

長年のみ続けていると、深刻な副作用が出始め

元の症状も悪化させることがあるとも話しています。


この医師は、現在の私の仕事でもある「定期的な運動」を

することの大切さを話しています。


次女と私は、バスに乗る時間が近づいていたので

長い時間話すことはできませんでしたが

ご主人のRさんも、生活習慣を改善しなければと

感じていたそうで、一日に5~6杯ほど飲んでいる

大好きな紅茶も回数を減らし、風邪のひき始めなどにも

風邪薬のかわりに、レモンと蜂蜜を混ぜたレモンティーなどを

飲んでみることも試してみたいと、話てくれました。


なるべく多くの方たちが、この尊い医師 Chris Vanの

ドキュメンタリーを参考にし、生活習慣の改善に

取り組んでくれることを願うばかりです。

スポンサーサイト

安心して帰路につけそう

今年の6月に学生寮の申請をしたとき、大学側は

海外からの学生を優先してくれて、キッチン、シャワー、トイレ付きで

ダブルべットの備っている個室を予約することができました。



セキュリティも万全で、学生証に付いているチップをあてないと一つ一つのドアは開かず

エレベーターも動かないので、次女と行動を共にしています。


幸いにも、大学の寮から歩いて10分から15分ほどのところに

テスコやモリソンなどのスーパーがあるので、ほとんどの日用品の買い物は

昨日、済ませることができました。



次女のレクチャーは来週からですが、今朝はワークショップなどに参加しているので

私は寮に残り、来週から始まる運動クラスの仕上げをしています。


もうすでに何人かの新しい友人ができた次女は、ママが帰っても大丈夫みたい。

私も安心して帰路につけそうです。

散歩日和

まだ学生寮には泊まれないので

昨日は、マンチェスターに住んでいる主人のいとこSさんのお宅でお世話になり

寮についた日から必要となる掛け布団やシーツなどだけ購入して

Sさん家族とランチを済ませた後、

とても広々とした、鹿公園内を散歩してきました。




鹿さんたちは、堂々と人々の間を歩いています。



ばたばたとした、ここ数日間を癒してくれる

とても素敵な散歩日和となりました。

次女と一緒に

今晩のフライトで、数日間だけ

マンチェスターへ行ってきます。


次女が、これから大学生活を始めるにあたって

寝具や日用品などを地元で購入し

大学内や、周りの環境などを見て廻って帰ってきます。


いつもなら、飛行機に乗るときは洗顔の後化粧水をつけて

保湿クリームをつけるだけで、お化粧はしないのですが

今回は、次女の友人たちが何人も空港まで見送りにきてくれるとのこと。


皆さんの手前、最低限のメイクだけして出かけます。


この数日間、次女と素敵な時間を過ごせますように。。。


今、出来ることだけを

しばらく前から、少し気になる症状が出ていたので

先日は、子宮内や卵巣などの検診に行きました。


医師は、50代くらいの素敵な女性。

詳細にわたるまで話を聞いてくれて

私の質問にもすべて誠実に答えてくれました。


検査の結果、すべて正常。何の異常も見当たらないとのこと。

よかった♪


そして午後には、英国から遊びに来ている友人や

地元の知り合いたちとランチ。

12人ほどで、わいわいがやがやと楽しかったのですが

エアコンの風が直接当たっていて身体が冷えたのでしょうか。

その日の夜中から偏頭痛。


でも次の日は、大切な会議に出なければならなかったので

がんばって出席し、早めに帰宅。


痛み止めは飲みたくないので、少し昼寝をし

そのあとは、温かいミントティーで水分補給。

グレープやキウィ、りんごなどのフルーツを加えて

ヨーグルトで栄養を取り、その日のうちにしなければならない

メールコミュニケーションだけ終わらせて

夕方はゆっくりと過ごしました。


今週末には、マンチェスターまで飛ばなければならないので

今日も無理はせず、一つずつ、ゆっくりと仕事の処理をしていこう。


マンチェスターは、アンダルシアよりももうかなり冷え込むんだって。。。

でも今は、そのことを考えないでおこう。。。



新しい生活の為の準備

私たちの次女が、英国のマンチェスターに引っ越す日が近づいています。

一年間続けていたアルバイトも、先週初めに区切りをつけて

今は、留学の為の準備。 様々な書類手続きを自分で処理したり

この大学へ入学する為に髄膜炎予防接種をしておくように励まされているので

昨日は、この予防接種を受けに一人で行ってきました。


そして、この大学へ新しく入学する子達のためのグループチャットが

フェイスブックでできるので、積極的に参加し新しい友人も出来つつあるようです。


もう一つ嬉しいことは、次女がまた運動を始める気になったこと。


彼女は、私たちがアンダルシア州に移ってきてすぐにアイススケートを

習っていましたが、2年後には学業のコースワークなどで

忙しくなってしまった為に、続けることを断念し

その後は、何のスポーツもしていませんでした。

でも、この大学に入ってからは学内で行なわれているヨガを始めてくれるそうです。


           画像は http://www.sironatherapyspa.comから

ヨガの動きはゆっくりでも、身体の柔軟性を保ってくれて

集中力も高めてくれます。

静かな時間の中で、自分自身を見つめなおし

きっと次女も新しい発見が次から次へと出てくるはず。


大学での勉強や、新しい友人関係を築いていく上でも

ストレスを減らして大いに役立ってくれるものと期待しています。


私の大切な19歳の次女。

楽しい大学生活を送っていけることを願うばかりです。

フエンヒローラへ

長男の友人の両親が、休暇を過ごす為に

スペイン・アンダルシア州でも人気のリゾート地である

フエンヒローラのホテルを予約したのですが

急用が出来ていけなくなり、代わりに長男と友人たちが

そこで遊んできてはどうかという話しがあり

金曜日から、2泊3日の予定で出かけています。


       画像は http://www.essentialmagazine.comから

地中海沿岸のコスタ・デル・ソルの海岸沿いを北へ向かっていくと

マラガに着く少し手前にある結構大きな街。

新鮮な魚料理が美味しいと聞いていますが

こんな素敵な海辺を歩いているだけで

身体も心も元気になりそう。。。


現時点では、大学での学業を続けず

働きながら、スポーツ・ジムに通って身体を鍛えたり、

友人たちとの旅行を楽しんだりして、過ごしていくことを選んだ長男。


これからの彼自身の人生の方向性を

見出そうとしている息子です。




 

51歳の誕生日

今月初めに、51歳となりました。

ここ数年の私にとって、一番嬉しい誕生日プレゼントは

一人ひとりの子供たちと、一対一で一緒に何かをすること。


花が大好きなことを知っている子供たちは、去年までは

花束や鉢植えの花、花の形をした置き物などを贈ってくれていましたが

今年は、21歳の長男が「ママの誕生日には、なにをしたい?」

「僕と二人だけで、日本料理を食べに行く?」と聞いてくれて

私たちの地域で新しくできた日本食レストランでランチ。



店内は洋風だけど、席に着くと割り箸が出てきました。


息子と二人でメニューを見ながら、何をオーダーしようかと話合った結果、

ギョーザ、チキンラーメン、カツどんぶり、サーモンのスシなどを頼んで

それぞれ少しづつ味見。

アサヒビールと一緒にいただきました。


デザートは、もちアイスクリーム。

お団子のようなお餅の中に、ココナツ味や、ラズベリー味の

アイスクリームが中に入ってる。


すべて美味しかったけど、やっぱり日本で食べる日本料理にはかなわないみたい。。。


このレストランのオーナーは、中国人だそうです。


やはり日本食は、日本で食べるべし♪

というのが、長男と私の意見。


普段は、仕事、ジム通い、友人たちとの付き合いで忙しい息子。

でも、今回は食事をしながら彼の仕事のことや、これからのことなど

いろいろと話してくれました。


とても嬉しかった私の誕生日。

遊びも、仕事も、休息も。。。

思い返してみると、子供たちを出産してから

仕事や育児、家事などとの両立でどんどんと忙しくなって

私の「遊ぶ時間、好きなことをする時間」は、いつも後回しにしてきた。


だから、6年半ほど前にアンダルシア州に移ってからは

そのしわ寄せが、どーと来た感じで家事と育児、そして大好きなダンスだけに専念。


でも、ここ最近やっと少しずつバランスをとることを覚えてきて

仕事や家事で忙しくても、一日のうちで毎日少しだけ

「遊び」の時間をとるように心がけています。

I balance my life between work, rest and play.

They all get equal time.






もちろん、仕事に8時間費やして、「遊び」にも8時間。。。

とはいかないけれど、がんばって仕事や運動をした分

しっかりと休息もして、そして大好きな自然の中で散歩をしたり

自宅の壁掛けを作ったり、自分でデザインや布選びをして

製図作成から作っていく、自分にぴったりと合った服を作ること

などにも、バランスよく時間をとっていけたらいいなぁーと思っています。

エネルギーを得て、前向きに。。。

なるべく穏やかに過ごそう。。。

と心がけていても、通常の生活に戻り

仕事関連のメールのやり取りや、打ち合わせなどで会話を交わしていると

小さな誤解や、視点の違いなどからあまり好ましくない状況に出くわすことも。。。


でも、嫌なことばかりに思いをとめていると

楽しめるはずの時間も、どんどんと「嫌々モード」になってしまうので

下記の画像の言葉のように、どんな状況の中でも

「好きなこと、楽しめること、肯定的なこと」などに思いをとめておくことで、エネルギーを得て

私自身が前向きな状態で、一つ一つの状況と向き合い

冷静に対処していこうと自分に言い聞かせています。



がんばれ、わたし。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。