毎日が素晴らしい日 - 健康管理と日常の記録

「毎日が素晴らしい日」と決めたら、自分にとって大切なことが、どんどんと見えてきたよ  -- そよ風 --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビニール袋でマットを

使用したビニールの買い物袋を使って

ホームレスや洪水などの被害で避難生活を

送っている人々のために、寝具用マットを

かぎ針で編んでいる素敵なご婦人たちがいらっしゃるようです。



アメリカの小さな市で、一週間に一度集まり

ビニール袋を切って、くるくると丸めたものを使って

どんどんと編んでいくのだそうです。


自分たちの小さな行為が

誰かの役に立っていることが嬉しくて

何年もこの活動に参加している

中高年のご婦人たちが多いそうです。


素晴らしいね。
スポンサーサイト

新しい発見 / 風邪予防

今年の冬は、風邪をひかないぞー。。。

と意気込みながら、最近またいくつかの工夫をしているところです。


急に気温が下がってきた先月の半ばの朝に

出かけた際、身体は温かいのに袖もとの手首だけ

冷たい空気があたり、その日の夕方には喉の違和感。


手首には、体温を作り出してくれる筋肉が少なくて

薄い皮膚のすぐ下に、いくつもの血管が通っているので

加齢とともに、特に気にかけてあげなければならない部分みたい。。。


この手首を、なるべく冷やさないように

早速、簡単なリスト・ウォーマーを編みました。



作り目は、30目にしましたが、25目でも十分な長さみたい。

立ち上がりは一目にして、裏山だけに中長編みをしていく

中長編みのゴム編み風。


普段、外出時によく着るジャケットやセーターの色に合わせて

黒と桜色の毛糸で2ペア編みました。


使い始めて、もうそろそろ4週間近く。

この小さなリスト・ウォーマーがあるだけで

寒い日でも、身体全体が温かくて

邪魔にならないので、以前編み終わった

ブラウンのおしゃれな指なし手袋よりも気に入っています♪


これからの時期、風邪をひいている人々に

遭遇する機会が増える模様。。。



自分自身の免疫力が落ちないように

体温を温かく保ってくれる小さなアイテムとして

今年の冬は、活躍してくれそうです。






クリスマス・ディナーにて

私たちの高齢者支援団体が主催して

毎年催されるクリスマス・ディナーパーティー。


今年の参加者は、約120名ほど。

今までは、12月初めから半ばにかけての一晩を

選んでいましたが、とても忙しい時期なので

今年は11月末に大きなレストラン・バーを

貸しきって行なわれました。


開始時間は夜の8時半。


飲み物から始まって、スターター、メインディッシュ、

デザートのあと、各インストラクターが中央に呼ばれて

クリスマスカードと、プレゼント、そしてお褒めの言葉をいただきました。


そのあとは、アクアロビックのインストラクターが

ママミアを歌いだすと、いつも元気に運動クラスに参加している

60代、70代、80代の女性たちは立ち上がり

一斉に踊り始めました。

Mama Mia

この映画の主演女優、メリル・ストリープは現在67歳。

参加者たちと歳が近いこともあって、

やっぱり皆大好きな歌手・女優の一人。


私は、楽しい時間の中も夜更かしをしていると

すぐ偏頭痛になってしまうので、シンデレラのごとく

12時には、バーを後にしましたが

次の日に話を聞くと、多くの参加者たちは

夜中の2時を過ぎても、踊り続けていたそうです。。。


とっても元気♪


来年もまた、皆元気に運動クラスに参加し

楽しいクリスマス・ディナーのひと時を

一緒に過ごせることを願います。


プレゼント

南ヨーロッパに引っ越してきて、もうすぐ7年。

友人や知り合いが増えてくるにつれ

毎年大変になってきていたのがクリスマスプレゼント。


アンダルシアに住んでいても

英国人の知り合いや友人が多いので

何が喜ばれるのか、いろいろと試したり

知り合いたちに尋ねたりして

ここ数年、落ち着いている贈り物の一つが

ロジェ・ガレットの石鹸。


                    画像はHPから


フランス製品で、香りがとても良いので

バスルームにおいておくだけで、ほんわりと豪華な気分。


150年の歴史を誇っていて

アンティックのものを大切にしている

英国人女性たちの間では、人気が高いようです。


特に50歳以上の女性たちには

いつも喜ばれるので、今年も数箱購入しました。


あとは,大きめのキャンドルセットやワイン、

チョコレートなどなど。。。


準備は、まだまだ続きます。

ミトン / 冷やさないように

しばらく前に編みあがった指なし手袋

見た目はかわいらしいのですが、やっぱりすーっと

冷たい空気が隙間から入って手が冷たい。


多くの医師が語っているように

体温が一度下がると白血球の働きが30%も下がってしまい

身体の免疫力が落ちてしまうそう。


その代わり、体温が一度上がれば

免疫力は5~6倍も高められるそうです。


健康維持のためには、身体を冷やさないようにして、

36.5度くらいに保っておくのが良いそうです。

だから、やっぱり温かいミトンを編みました。



私にとっては、とても画期的な色合い。


手元にあったラベンダーに近いライトブルーの毛糸で

指先を編み始めたら、ぴったりとサイズが合ったので

大好きな紫をつけたし、手首周りはジャケットの色に合わせて黒。

そして仕上げは、紫の細編み。


ユニークな仕上がりとなりましたが

私が普段使っているライトブルーや紫のスカーフとも

相性がよくて、とても気に入っています。


参考にさせてもらったのは

アメリカ人のAprilさんのパターン

私はダブルニッティングの毛糸を使ったので

4ミリのかぎ針で編みました。

関節周りの筋肉

まだ60代前半のEさん。

会社経営に関わっているため、ある時期忙しくなったり

旅行に出られたりなどで、運動クラスも

休みがちになっていましたが、先月初めからは

「もう運動クラスを休みたくない」といって、スケジュールを調整し

順調に通ってこられていました。


ただ、2週間ほど前に運転席から、腕を後ろ向きに伸ばして

後ろの座席においてあった重たいかばんを

引き寄せた途端に、肩周りを痛めたとのこと。。。


肩周りの関節を慣れていない方向へ動かし

普段あまり使われていない筋肉に

かなりの負担を急にかけてしまったことが原因みたい。


痛めた翌日にも、運動クラスへ来られましたが

その日は、肩周りを使わない運動だけを行ない

医師に見てもらったら、痛みがひくまでに

少なくとも4週間はかかるとのこと。


このような慣れない動作で、中高齢者が関節周りの

筋肉を傷めることはよくあるのだそうです。


日頃から関節の可動域を広げたり、

関節周りの筋肉などを柔軟に保つ軽い運動を

心がけると同時に、無理な動作は控えることを

忘れないようにしたいものです。


今は運動クラスも冬休みに入ったので

この間にEさんが回復されることを願います。









アクティビティーひざ掛け



今年のクリスマスに、認知症を患っている人々に

アクテビティーひざ掛けを贈るために

地域の認知症、アルツハイマー支援団体が

作成者のボランティアを募っていたので

先月は、スケジュールを調節し

一週間に毎週一度だけ、一時間ほど

イベントに参加していました。


毎回の参加者は、20人から30人程度。

40代、50代が数人で、ほとんどは60代、70代の

素敵なご婦人たち。


素材は、支援団体が準備してくれるので

参加者は、アイデアを出し合いながら

ひざ掛けを作成していきます。


私が作っているひざ掛けは、あと縁取りの

始末をして完了です。



下両端のグラニースクエアーは、ポケットにして

かぎ針で編んだ蝶々が、中に入ったり出たり。。。


上の真ん中は、靴紐を通すように

紐を大きめの輪の中に通していきます。


あとは、ファスナーをつけたり

かぎ針で編んだ大き目のチェーンとバーを

右端につけました。


座って寛いでいる間に

手先を使って、遊び心をいかして

楽しんでもらうことが目的です。


私は、毎回一時間ほどしか参加できませんでしたが

参加者の中高年者たちも、わいわいがやがやと知恵を出し合い

手先を利用して物つくりを進めていく

とても素晴らしいイベントとなりました。


認知症にかかるリスクを軽減する方法の一つとして

積極的に人々と交流し、顔と顔を向かい合わせて

会話をする機会を増やすこと。


こんな素敵な交流の場が

これからも増えていくことを願います。







ウォーキングのために

心と身体の健康維持のために

ブリスク・ウォーキングを始めて

もうそろそろ8年近くになります。


若い頃は、さほど感じなかったのですが

この季節になると最近は、歩き始めのときだけ

首周りがすーすーと冷たい感じ。


でも、長いスカーフを巻いていると

はずしたときに邪魔になるので

短いネック・ウォーマーを編みました。



写真で見ると、スタースティッチがショッキング・ピンクに写っていますが

実物は、私の大好きな濃い目のローズピンク♪


私のエクササイズウェアは、ほとんどどれも黒系なので

ネックウォーマーも目立たないように真っ黒なベースにしました。

ただ、化粧をしていないときは真っ黒なサングラスもかけていて

スニーカーも真っ黒。。。


ちょっと怖い雰囲気なので

少しだけかわいらしさを添えたくてローズピンクを入れました。


内側に、鎖目と細編みで編んだ紐が付いていて

反対側の端っこに、真っ黒な毛糸で編んだ花がついているので

止めはずしが簡単。


短いので歩いている途中ではずしても

片手で簡単に持てて、邪魔にならない。

お気に入りのアイテムが、また一つ出来上がりました♪


30分だけでも

しばらく前から、50代、60代の女性たちから

「スポーツジムに通って、がんばりすぎて関節や筋肉を傷めちゃった。」

という話をよく耳にするようになりました。


私たち中高年者運動支援団体のインストラクターたちも

去年は、トレーニング・コースに参加して、スポーツ・ジムや

公園内に設置されている、運動器具の使い方を学びましたが

ほとんどの器具は中高年者の女性たちには向いていない

という結論に達しました。


私たちの地域の60歳以上の方々には

少なくとも週に3回、できれば4回の

定期的な運動を励ましています。


テニス、水泳、ヨガ、ピラテイス、ダンス、健康体操

バトミントン、卓球、太極拳などなど。。。


身体をリズミカルに動かせば、有酸素運動となって  
                  
心臓の筋肉も鍛えられ、疲労回復につながるようです。


ヨガやピラティスなどは、体幹が鍛えられ

柔軟性も増し、関節の可動域も広がるようです。


何らかの理由で、運動クラスに参加できなくても

一日に少なくとも30分、なるべく歩幅を大きくとって

少し早めに歩くだけでも、様々なよい効果が

出てくるようです。


自宅に戻ったら、筋肉がまだ暖まっている間に

軽いストレッチ運動を数分間行なうと

なおのこと、効果的な健康維持につながります。


日本でも、ヨーロッパ内でも、なるべく多くの中高齢者たちが

何らかの運動を習慣づけられることを願います。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

スカーフ留め

去年のクリスマスプレゼントに

友人からいただいた、夕焼け色のマフラー。


とっても柔らかい毛糸で編まれていて

ふわふわな感触が大好きなのですが

長さが少し中途半端で、一重にして使うと長すぎ

二重にして巻くと、うまく結べない。。。


なので、試しにかぎ針でスカーフ留めを編みました。



首周りにすっきりと収まって、とても良い感じ♪


真ん中は縄編み、両端は長編みの表引き上げ編み。

リストバンドのように輪にしたので

簡単に付けはずしが出来て気に入っています。


就寝時に肩周りと腕が、布団から出た状態で

本を読んだり、Ipadでネット検索などをするさいに

首周りを冷やさないようにクルッと巻いています。


柔らかな肌触りが、とても気に入っています♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。