毎日が素晴らしい日 - 健康管理と日常の記録

「毎日が素晴らしい日」と決めたら、自分にとって大切なことが、どんどんと見えてきたよ  -- そよ風 --

シニア世代の素敵な場所

編み物好きな60代の二人によって始められた編み物クラブ。

今では、30人以上のシニアたちが定期的にクラブに参加し
編み物をしながらおしゃべりします。

ほとんどのシニアたちは、アフリカ・モロッコにある施設の
子供たちのためにセーターや靴下、おくるみなどを編んでいるので
このクラブが保管している毛糸を使って編んでいます。

ある財団が毛糸代や場所の家賃の為の援助をしてくれているので
クラブメンバーたちに経済的負担はかかりません。

現在、80代のAさんは、アフリカで生まれてくる新生児の為の
セーターを編んでいます。

何歳になっても、誰かの役に立てるという自信は
とても大切。

そして、手を動かしながらも
顔と顔を合わせて、誰かと話す時間を持つことは
認知症予防にもなるそうです。

こんな素敵な高齢者たちの居場所が
日本各地でも、どんどんと広がっていくことを願います。

関連記事
スポンサーサイト
調子が良いみたい | Home | Smart people underperform

コメント

No title

環境が人を育てると言いますね。大人になってもいい出会いは大切なものです。楽しまれているご様子は見ている側にもそれが伝わってきます。ありがとう。

2015/12/06 (Sun) 22:19 | 八十八夜 #- | URL | 編集
No title

八十八夜さん

素敵なコメントをありがとうございます。

特に60歳以上の高齢者の方々には
様々な趣味などを通して、よい出会いのきっかけを
たくさん作って欲しいと願います。

2015/12/07 (Mon) 01:32 | そよ風 #z8Ev11P6 | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する