毎日が素晴らしい日 - 健康管理と日常の記録

「毎日が素晴らしい日」と決めたら、自分にとって大切なことが、どんどんと見えてきたよ  -- そよ風 --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い姿勢を保つ為

加齢とともに、首がだんだんと前に傾きかけ
頭と顎が前に突き出たような格好になっていくことがありますが
オフィスなどで仕事をしている時間の長い30代や40代でも
巻き肩になりつつある人々が目に付きます。

頭が前に傾いていると、この重さを支える為に首や背中の上のほうの筋肉が
普段よりももっとがんばって働かなければならず
姿勢が悪くなればなるほど、腰や膝にも支障が出てくるようです。

私のクラスでは、この姿勢を少しでも改善する為に
下記の運動を取り入れました。

簡単そうに見えても、出来ない人たちが多いです。


少し壁から離れて立ち、お尻と背中の下のほう、また頭の後ろ(目のすぐ後ろ)と
肩を壁にくっつけて立ちます。

これは運動の為の準備ですが、姿勢が悪い状態が続き、筋肉も柔軟性がなくなっているので
このポジションさえ保てない人々も大半。

私のクラスの60代、70代の女性たちは、

「お尻が邪魔になって、背中の下のほうが壁にくっつかないわ。」

「腰をくっつけようとしたら、肩が前に丸まっちゃうから、両方くっつけるなんて無理。」

などなど、またまた大騒ぎとなりました。

そして、この準備が整ったら手の甲も壁にくっつけて、つけたままゆっくりと
腕をあげたり,下ろしたりします。

日本の60代、70代の方々はどうでしょうか。
この簡単な運動を、試されたことのある方は
ぜひ経過などをお聞かせください。

骨粗相症、関節炎など何らかの持病のある方は
かかりつけの医師に相談されてから試されることをお勧めします。



関連記事
スポンサーサイト
大切な充電期間 | Home | いつの間にか。。。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。