毎日が素晴らしい日 - 健康管理と日常の記録

「毎日が素晴らしい日」と決めたら、自分にとって大切なことが、どんどんと見えてきたよ  -- そよ風 --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい職場でも。。。

たぶん、もう2年ほど前にできた野菜と果物を売っている小さなお店。


私たちが住んでいる建物を出てすぐのところにあるので

ほとんど毎日、その日に必要な分だけの果物と野菜をここで購入しています。


店の所有者は、ほとんど留守にしているので実際に切り盛りをしているのは

わたしと同じくらいの素敵な女性Rさん。

いつも彼女の片言の英語と、私の片言のスペイン語で

楽しくコミュニケーションをとり、とても仲良しになりました。


2~3セントほどの半端な金額なら、支払いのときにウィンクして

まけてくれたり、私もお釣りが半端な価格のときは

少し余分な金額を置いてきたりと、お互いに譲り合ってきました。


そして、私がフルーツの大好きなことを知っているRさんは、

旬のものが入荷されると、支払いのときに私に味見をさせてくれたり。。。


ただ、孫たちを連れて買い物に行ったある日、支払いのときに

ブドウを一房まるごと、「これ、私からのプレゼントよ」と、袋に入れて

孫たちに持たせてくれました。

これは、カウンターの後ろにおいてある、かなり高級なブドウ。。


            画像はOnline-shoppingから


いつもの,一個や2個のおまけではないので

今度御礼をしなくちゃ。。。と思いながら今朝お店によると

Rさんの姿が見えませんでした。

新しい仕事が見つかって、転職されたとのこと。。。


あの、とっても甘くて美味しいブドウは最後の贈り物だったのかしら。。。

と思うと少し淋しくなりました。


とても素敵なRさん、新しい職場でも素晴らしい日々を送られることを願います。
関連記事
スポンサーサイト
手作りマスク | Home | またまた暑い日

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。