毎日が素晴らしい日 - 健康管理と日常の記録

「毎日が素晴らしい日」と決めたら、自分にとって大切なことが、どんどんと見えてきたよ  -- そよ風 --

人口弁を挿入しても。。。

私が受け持っている運動指導の一つのクラスに

82歳のLさんが訪ねてこられました。


彼は若い頃、とても活動的でクリケットの

ゴールキーパーとしても活躍されていたそうです。


ただ70代の頃、心臓弁膜症だと分かり

人口弁を入れる手術をし、3年前にはその人口弁を

入れ替える手術を受けました。


その後は、だんだんと体力が落ちていき

今では15メートル歩くのがやっととのこと。。。

Lさん自身も、彼の奥さんもこれではいけないと思い

私のクラスを見学に来られました。


最初の25分間は、立ったまま音楽に合わせて

すべての関節を動かしながら、バランスを保たなければならないので

Lさんは、座ったままで私のまねをし、

後半は、いすに座っての筋肉運動やストレッチ運動なので

すべて参加することが出来ました。


「どうですか。ついていけそうですか。」と尋ねると

「来週からも、ぜひ参加させて欲しい。」とのこと。


彼を受け入れるということは、私にとっても大きな責任。

Lさんには私たち運動支援団体から、彼の主治医にあてた手紙を

持っていってもらい、まずは主治医からの運動許可を得て


私は、心臓弁膜症についての知識を

もう少し深めたいと思います。


心臓弁膜症とは

heart valve replacement

関連記事
スポンサーサイト
そよ風流、カレー♪ | Home | 大きめのマグ・カップ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する