毎日が素晴らしい日 - 健康管理と日常の記録

「毎日が素晴らしい日」と決めたら、自分にとって大切なことが、どんどんと見えてきたよ  -- そよ風 --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「だからあなたも生き抜いて」

去年、一昨年は自殺数が3万人を

下回ったと聞いていますが

多くの若者たち、また大人たちが

自ら命を絶ってしまうという事実が

とても悲しいです。



世の中には、生きていたくても

何らかの理由で死んでしまう人々が

とてもたくさんいるというのに。。。



もし「もう死んでしまいたい。。。」と

考えているなら、自分の人生は終わったのだと

割り切って、視野を広げて欲しいと思います。


見返りや、利益を何も期待せず。。。



お隣のおじいちゃん、おばあちゃんの

ゴミ出しや庭仕事を助けてあげる



外国人たちに日本語を無料で教えてあげる



養護施設を定期的に訪ねて、家族と一緒に

住めない子供たちのお兄さん、お姉さんになってあげる



一生懸命働いて、お金を稼ぎ

大切な活動を行っているボランテイア団体を

支援する


目の不自由な人々のための点訳に協力する



などなど。。。


人生を途中で投げ出してしまうより

自分の人生を使って、何かできることが必ずあるはず。



私も、私の尊敬する女性の一人、

大平光代さんの生き方から

生きる力をいただきました。



「だから、あなたも生きぬいて」の著者



彼女は中学の頃、いじめ、休学、復学、

自殺未遂などを経験し、あげくの果てに

暴力団の世界に入り16歳で組長と結婚。



21歳で組を離れて、離婚してからは

クラブのホステスとして働きました。



その後、8年間猛勉強をし司法試験に

合格してからは、弁護士となり非行少年の

更正に努めてきました。



それからも、様々な試練や苦難を

乗り越えて現在もダウン症、心臓疾患、

白血病などを患っている娘さんを育てながら

人生を前向きに歩んでいる女性です。

関連記事
スポンサーサイト
乗り越えて進んできた | Home |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。