毎日が素晴らしい日 - 健康管理と日常の記録

「毎日が素晴らしい日」と決めたら、自分にとって大切なことが、どんどんと見えてきたよ  -- そよ風 --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと裁縫。。。

最後に自分の服を作ったのは、もう30年以上前。。。

そのあとは、仕事、育児、家事などで忙しくなりました。


昨年の秋に、末娘がイギリスへ留学したことで

淋しい思いはあるものの、以前よりも自分の為の時間が増えたので

編み物に加えて、自分の身体にぴったりとフィットする

ストレートパンツを作ってみたいと思い、型紙を取り寄せました。


そんな私の思いを知っている末娘が、洋服作りに関する

技術の本をイギリスで見つけてくれて、昨年のクリスマスに

プレゼントしてくれました。  画像、左側の本です。



右側の型紙補正の本は、2年前に日本を訪れたときに購入したもの。

パターンの様々なアレンジの仕方が、シンプルにわかりやすく説明されています。


30年ぶりの洋服つくりなので、市販のパターンをアレンジした

パターンをまずは作ってみたいと思い、格安の布を購入しました。


ただ、パターンを裁断して布の上に置いた時点で

待ち針で留めるべきか、オモリを置くべきか迷い

とても素敵なブログをお持ちのソーイングスペシャリスト

かたやまゆうこ先生に、何気なくコメントを送ったら

ご親切にも「オモリを置いて、カットのほうが楽ですよ。」と

アドバイスをいただきました。

かたやま先生のブログ

かたやま先生のプロフィール

「6歳からソーイングを始め、文化服装学院へ進学

卒業後出版社に入社
ソーイングを中心とした
手芸関係の本の編集者として15年勤務。

ソーイング初心者から上級者まで楽しめる
実物大の型紙づくりと
より少ない工程で、よりわかりやすい作り方を追求

退職してソーイングから離れてみるも、
ソーングに関わる時間が最も楽しいことを再確認。

現在はフリーランスで編集業を再開。
洋服や小物のオーダーメイドとお直しなど、
ソーイング歴30年以上の間に培った技術と知識を
使いながら学ぶ日々。

さらに、
よりたくさんの人に
ソーイングを楽しんでもらえるような
活動を増やしていこうと模索中。」



とてもマイペースな私なので、かたやま先生の言われたように

布の上にパターンを置いて、オモリをおいてみたら

ぴったりと布にフィットし、「わぁー本当だ!」と

感動しながら眺めている段階。。。


今年中に出来上がれば上出来、というペース♪
関連記事
スポンサーサイト
少しだけ休息 | Home | 2個目は半額

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。