毎日が素晴らしい日 - 健康管理と日常の記録

「毎日が素晴らしい日」と決めたら、自分にとって大切なことが、どんどんと見えてきたよ  -- そよ風 --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆったり、のんびり。。。

私も、だんだんとこちらのペースに慣れ始めていますが

南スペインでは、本当にゆったり、のんびりして

いる人々が多いように感じます。 以前、私たちが長期滞在できる場所を探していたときも、

多くの不動産は午前10時に事務所を開けて、午後1時半か

2時にはランチと休憩時間に入ってしまいます。

家具屋さんや商店街のお店も同じ、

市民になるためのIDを作ってくれる事務所や


VISA申請のためのオフィスなども休憩時間がとても長いのです。

毎日、午前中だけで終わってしまうところもあれば

午後の5時ころにまた開いて、

夜7時半か8時まで開いているところもあります。 3時間ほどの休憩時間の間に、皆さんは一時間ほどかけて

ゆっくりとランチを食べ自分の家に戻って昼寝をしたり

5月から10月の間は、海で一泳ぎしてから

また仕事に戻るという習慣。。。

小さなお子さんを保育園に預けてきたお母さんは

休憩時間の間に子供を迎えにいき、ショッピングをして

おばあちゃんに預け、また事務所に戻ってくる方もみえます。

クリスチャンが多いこの国では、平日に観光客で賑わっている

メイン・ストリートの商店街も日曜日になると

どこのお店もしまっています。

開いているのは、インド人か中国人、またはモロッコ人が

経営しているバーくらいです。

週末は多くの人々が教会に出かけたり、家族との時間を

大切にしている様子が伺えます。

日本と比べると経済的にも困難な状況にある人たちが

多い場所ですが、ゆっくりとできる時間を欠かさない習慣は

とても大切だと思います。





関連記事
スポンサーサイト
素敵な78歳 | Home | 「英語は本当に必要か?」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。